コロナ禍を乗り越える、POLYSICSが考えるファンとのコミュニケーションのありかた
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

コロナ禍を乗り越える、POLYSICSが考えるファンとのコミュニケーションのありかた

Fanimedia

来年、結成25周年を迎えるロックバンド・POLYSICS。

日本だけでなく海外でも活躍し、唯一無二のサウンドでファンを魅了してきた彼ら。去年から初となるファンコミュニティ「CLUB TOISU」をFaniconで開設している。

ロックバンドはファンコミュニティと馴染みが薄いと思われがちな中、どういう思いで「CLUB TOISU」を立ち上げたのか。

メンバーのハヤシヒロユキ氏(以下/ハヤシ)とフミ氏(以下/フミ)に、開設にいたるまでの経緯や、実際に使用しての感想を聞いてみた。

画像5

1. Fanicon開設のきっかけ

― ファンコミュニティ「CLUB TOISU」は、どういうきっかけで開設されたのでしょうか?

ハヤシ:
最初は正直「やろう!」って感じではなかったんですよね。

フミ:
POLYSICSのファンが、ファンクラブに興味があるのかがわからなかったんですよ。ロックバンドってあまりファンクラブを持っていないし、ファンの方も戸惑うんじゃないかなと思って。
でも、コロナ禍でライブができない中で、もっとファンの方とコミュニケーションが取れる場が欲しいと思って試してみることにしました。

ハヤシ:
今ここで何も動かないよりは、やってみようという感じでしたね。周りのミュージシャンたちに電話して、「いいんじゃない?」と言われたことも大きかったです。

― コロナ禍の影響が非常に大きかったんですね。

ハヤシ:
そうですね。いままで音源を作ってツアーをして...という流れで活動してきたので、それができなくなる不安はものすごくありました。自分も雰囲気に飲まれて落ち込んだりしたし、ライブができないことでファンの方がどんどん離れるんじゃないかっていう不安もあって。
だから、Faniconを通して活動できたのは大きかったですし、少なくともここでファンと繋がれるというのはありました。

フミ:
Faniconがなかったら「無理矢理ライブをやった方がいいのかな?」と思ったかもしれないけど、Faniconがあったおかげで、気持ちを切り替えてファンと別の形でコミュニケーションができたと思います。

画像3

2. Faniconでのファンとのコミュニケーションについて

― Faniconで実際にファンとのコミュニケーションして、どういう印象を持たれましたか?

フミ:
TwitterやInstagramといったSNSより、濃厚なコミュニケーションが取れるなと思いました。ファンの方ものびのびしていて、安堵感があります。

ハヤシ:
僕はSNSで気軽に発信できるタイプじゃなくて、緊張してしまうんですね。でもFaniconだと、昔のTwitterみたいになんでもないことを発信できます。

フミ:
開設してからプライベートはFaniconに出す様になりました。TwitterやInstagram等とは、ちゃんと差別化したいと思ってますね。

― Faniconの中で特に気に入っている機能はありますか?

ハヤシ:
やっぱり配信かな。

フミ:
今まで配信をやったことがなかったので、プライベートな雰囲気で配信をやるのが一番いいのかなと思ってますね。

ハヤシ:
特にメンバーのヤノはあまり表に出なくて、Faniconぐらいでしか発信をしていなくて、コアファン向けにいいかなと思って(笑)

フミ:
「ヤノの配信が見れる!」っていうね。超レアなコンテンツ(笑)

画像1

―なるほど(笑)今まで配信をされたことがないとのことですが、Faniconで配信するにあたってハードルは感じましたか?

ハヤシ:
初めはものすごく構えてましたよ!メンバーに向けて配信の練習とかしてました。

フミ:
緊張しまくってたよね。

ハヤシ:
「わさび寿司ルーレット」みたいな企画やらないといけないのかなって(笑)。でも実際やってみて、カジュアルにファンと話してファンのひとことで話が脱線したりするような面白さが大事なんだなって気づきました。

― Faniconをやっていて、機能として物足りない点などはありますか?

ハヤシ:
一人で配信をやった後が寂しいんですよね(笑)

フミ:
メンバーそれぞれが別の場所から参加して、コラボ配信できるといいよね。

ハヤシ:
この前、フミと曲作りの後に二人で配信したんですけど、二人だとやっぱりいつもと違う盛り上がりがあるので、コラボ配信はやりたいですね。

3. Faniconをやって良かったこと

― Faniconをやっていて、特によかったと思うことがあれば教えてください。

ハヤシ:
僕らは今まで、こういう形でファンの方とコミュニケーションしたことがなかったんですよ。イベントで少し話したりするだけだったから、Faniocnはすごく新鮮で楽しいです。

フミ:
「この前ライブでやったあの曲どうだった?」みたいな会話を、ファンの方とするのは面白いよね。

ハヤシ:
「POLYSICSの音楽が好きで〜」っていう話もけっこうしてもらえたりね。

フミ:
嬉しいよね。

ハヤシ:
いままで「もっと自分のいろんな引き出しから面白いものを作ろう」ということばかり考えてたんだけど、Faniconをやっていると「周りの人をもっと楽しませたいな、喜ばせたいな」という自分の中の気持ちにも気づけたりするんですよね。
それは曲作りにもフィードバックされるし、Faniconをやらないと気付かなかったことだと思います。

画像4

4. 今後のバンド活動とFaniconについて

― 今後Faniconを使ってやっていきたい活動などがあればお聞きしたいです。

ハヤシ:
ツアーを再開しても、Faniconでの活動は続けるつもりです。コロナ禍のときとはまた違うファンコミュニティのありかたが提案できるといいなと思います。

フミ:
そうだね。ツアーとうまく連動できたらいいよね。

― 来年は25周年という節目の年でもありますが、予定されている活動などはありますか?

ハヤシ:
3月4日の25周年ライブが25周年イヤーの幕開けの日なので、そこから1年間ファンの人たちと一緒に盛り上がっていきたいなと思ってます。地方にも行けてなかったので、25周年イヤーには行けるといいですね。
もちろん新曲も作ってますし、自分も含めて忙しく楽しくいきたいなと思ってますね。

― 最後に、「CLUB TOISU」会員の方に向けてのメッセージをお願いします。

ハヤシ:
POLYSICSは、楽しませることには自信があるので、これからもそこは信頼して欲しいと思ってます!

フミ:
これからもよろしくお願いします!

― 本日はありがとうございました。

POLYSICSオフィシャルサイト
http://www.polysics.com/

Fanicon "CLUB TOISU"
https://fanicon.net/fancommunities/2507


文・まいしろ




みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
オススメありがとうございます!
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
幸せってこういうことなんですね。。。
Fanimedia
Faniconが運営するファンコミュニティ、ライブエンタメに関する情報発信をするメディアです!芸能、音楽に関わる情報発信や業界の方に向けた記事を書いています。